page

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

会長挨拶

参加したくなる学会を目指して

斎藤 隆文(会長,東京農工大学 大学院工学研究院 教授)

Towards an Academic Society You Want to Participate in

Takafumi SAITO(President of IIEEJ, Tokyo University of Agriculture and Technology)

本学会が設立されたのは1972年ですが,その約20年後の1993年に Visual Computing (VC) 研究委員会が発足したことで,私も本学会に関わるようになりました.当時,コンピュータグラフィックスに関連する国内学会は今一つ低調で,発表しても十分な反応が得られないことが多かったと記憶しています.夏に米国のSIGGRAPHに行くと,多くの日本人CG研究者に会えるのに,国内学会では何故か会わない.そこで,国内でもっと研究の議論ができる学会を作ろうということで,西田友是先生,高橋時市郎先生,近藤邦雄先生,安生健一氏らが中心となって,当時ファクシミリの他に柱となる研究分野を求めていた本学会の中に,VC研究委員会を立ち上げました.VC研究委員会が主催するVCシンポジウムならびにVCワークショップでは,当初から規模は小さいものの極めて活発な議論が交わされていました.そして,国内のCG研究者が一堂に会する機会を作るべく,1997年からVCシンポジウムと,当時の情報処理学会グラフィクスとCADシンポジウムとを合同で開催することになりました.このとき,私は高橋時市郎先生と共に,論文募集,査読依頼,査読結果集計,プログラム委員会招集,プログラム作成などの活動を全面的に担当しました.30件の論文応募に対して採録は18件に絞り,質疑の時間を充実させました.この合同シンポジウムはその後ますます発展し,CG界では国内最高峰のシンポジウムとなっています.VC研究委員会の企画がこのように成功した理由はいくつか考えられますが,研究者が真に望む活動を実現しようとしたことが最も大きいと考えています.
現在,本学会は財政的に苦しい状況が続いています.特にリーマンショック後にテストチャート売り上げが激減し,財政破綻が危惧されました.当時の関係者の皆様のご尽力で,事務局移転や学会誌電子化などの経費節減が実現し,ひとまず大きな危機は乗り越えました.しかし会員数は減少傾向が続いており,活性化のための抜本的な対策が望まれます.私は,まず学会活動の原点に立ち返り,会員の方々や関連分野の研究者・技術者の方々が真に望む活動を増やしていくことが重要と考えております.ここ何年かの間にも,会員のニーズを考えた新しい施策がいくつか試みられていますが,それをさらに追求していくことが必要です.以下,思いつくままに例を挙げます.
●研究会・年次大会等の開催場所
研究会や年次大会等の開催場所を決めるにあたり,多くの場合,現地の方にローカルアレンジメントをしていただくことを前提としていました.しかし,会員のニーズを考えた場合,特に学生に対しては「研究成果のご褒美」として観光面で魅力的な場所での開催,普段の業務で多忙な方々に対しては同時に利便性の高い場所での開催が,発表者や参加者の増加につながると考えられます.これまでとは違った場所選定や運営方法を探る価値があるかもしれません.
●セミナーのテーマ選定
セミナーは学会として有力な収入源の一つですが,近年は以前と違い,企業の方は自社にとって真に必要なセミナーだけを厳選して参加する傾向が強くなっています.企業の方々が真に望むテーマをいかにして選定するかが課題です.
●応用分野の取り込み
画像関連技術は広い分野で使われていますが,例えば農林水産業など,多くの分野でさらなる活用が見込まれます.特に可視化技術は,人文社会分野を含むあらゆる方面に,潜在的な需要があると考えられます.こうした応用分野との連携を,学会として効果的に取り込むべく,様々な方策を探ることが望まれます.
●学会誌の魅力向上
学会誌への投稿ならびに閲覧を増やすには,Web of Science 等への採録によって学会誌のステイタスを高めることや,応用分野のケーススタディ的な論文の取り込みにより裾野を広げることなどが考えられます.
●就職活動/採用活動のサポート
学会の一つの役割として,学生が各企業で行う研究の一端を知り,企業は当該分野に興味を持つ優秀な学生を知るという点があります.近年,企業からの参加が減るに従い,その機能が失われてきています.これを復活させる施策が望まれます.

いずれにしましても,皆様にただお願いして人を集める学会から,参加・投稿したくなる学会へと変革させるべく,理事や関係の皆様と共に尽力したいと考えております.何卒よろしくお願い致します.

 

 

  • 一般社団法人 画像電子学会

    10月9日(火)は学会創立記念日のため事務局はお休みです。
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2018 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)