single-events

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

【開催案内】 第47回VMA研究会(読書バリアフリーのこれまでとこれから)開催のご案内

台風のため延期しておりました本研究会は、11月29日(金)専修大学(神田キャンパス)にて開催することとなりました。

VMA研究会は、主として画像の撮影・合成・加工・処理、それらの応用、およびそれらの実現形態として生じるVisual Applianceについて論じ、その議論の中から今後の画像電子学会で扱うべきトピックスを見出すとともに、さらにその調査・検討に向けた情報交換の場の提供を目的としています。

これまでその時々の話題(デジカメ最新技術、ユニバーサルデザインの動向、VMAの近接領域など)を取り上げ、年2回程度の研究会を実施してきました。
第47回VMA研究会では”読書バリアフリーのこれまでとこれから”というテーマを設け、先進的な取り組みをしている、大学・企業・団体の方々を中心に話題を提供していただくことになりました。参加の皆様との意見交換・討議も深められるよう、時間配分をさせていただきました。

日時:2019年11月29日(金) 13時30分-17時00分
場所:専修大学・神田キャンパス2号館・209教室(2F)
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-8
JR水道橋駅西口より徒歩7分
九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分

協賛:画像関連学会連合会(FIS)
出版UD研究会
テーマ:読書バリアフリーのこれまでとこれから
参加費:会員およびアソシエイト 1,000円
非会員 2,000円(当日の受付でアソシエイトになって頂きますと、入会・年会費(1,000円)を含む計2,000円で参加できます。)研究会運営のため、講演者も含め参加費をお願いしていますが、研究会委員長の承認を得た場合は無料となります。

プログラム
13:30-13:35      開会挨拶                 深見拓史                     VMA研究会委員長
13:35-14:10      バリアフリー資料供給の現状と課題
中和正彦               ライター
14:10-14:45     絵本と日本手話の出会いが生んだ、新しい感覚で味わう絵本!
千葉美香              株式会社偕成社・編集部
14:45-15:00 (休憩)
15:00-15:35    視覚障害者が「利用しやすい電子書店」構想
成松一郎   * 専修大学講師・読書工房・バリアフリー資料リソースセンター
宇野和博  ** 筑波大学附属視覚特別支援学校
服部敦司  *** バリアフリー資料リソースセンター
松井進      *** バリアフリー資料リソースセンター
15:35-16:10    知的障害者のための「わかりやすい文章」の現状と課題
羽山慎亮    一般社団法人スローコミュニケーション・理事
16:10-16:20 (休憩)
16:20-16:55    パネルディスカッション 各講師(司会:深見)
16:55-17:00     閉会挨拶

上記の講師、講演標題は、多少変更される可能性があります。

事前参加申し込みは、画像電子学会のウェブページ https://www.iieej.org/attend_registration/から行って下さい。
当日も受け付けていますが、事前申し込みの方にはハードコピーの予稿集を用意いたします。

なお、FAXでも受け付けております。下記の参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局までお送りください。

FAX送付先: 03-5615-2894           画像電子学会事務局 行
第47回VMA研究会 参加申込書       年  月  日
ご氏名
ご所属・ご連絡先
電話
FAX
電子メール

 

 

(2019/9/10掲載)

  • 一般社団法人 画像電子学会

    10月9日は学会創立記念日です。
     
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2019 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)