single-events

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

2022年1月号 論文特集号 論文募集― イマーシブメディア実現のための画像関連技術 ―

Call for Papers

2022年1月号 論文特集号 論文募集

-イマーシブメディア実現のための画像関連技術-

 画像電子学会 編集委員会

 

全天周映像(360度映像),VR,AR,MRなどの発展系であるイマーシブメディア(没入型高臨場感メディア)に関する研究が活発に行われています.更に,イマーシブメディアの魅力を余すところなく発揮するためのヘッドマウントディスプレイ(HMD)の開発やユーザーインタフェースの検討なども並行して進められています.また,ISO/IECではマルチメディア関連の標準化を行っているMPEGにおいて,イマーシブメディアを実現するための技術の標準化(MPEG-I)が進められており,その規格化が完了しつつあります.ITU-T SG16でも超高臨場ライブ体験(ILE:Immersive Live Experience)の勧告化が進められ,システム化の機運も高まっています.

本特集では,このようにイマーシブメディアを実現する要素技術に関する論文や,それらの技術を応用して没入型高臨場感システムを実現するための研究に関するシステム開発論文を広く募集いたします.

 

1.対象分野(キーワード)

・全天周映像(360度映像),自由視点画像

・ポイントクラウド,ライトフィールド,ホログラフィ

・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

・ユーザーインタフェース,ユーザーエクスペリエンス・ユーザビリティ,インタラクション

・イマーシブコンテンツ,VR,AR,MR,SR,xR

・CG,画像処理,画像圧縮符号化

・MPEG-I,ILE,

・その他関連する 画像基礎技術・画像システム技術

 

2.論文の取り扱い

投稿様式,査読プロセスとも通常の投稿論文と同様です.採録決定が特集号に間に合わなかった場合には,通常の投稿論文として取り扱います.英文での投稿も受け付けます(IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing への掲載となります).

 

3.特集号発行

画像電子学会誌(電子版) 2022年1月号

(英文:IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing Vol.9, No.2  2021年12月発行)

 

4.論文投稿締切日

2021年5月31日(月)

 

5.投稿方法および問い合わせ先

詳細は右記URLをご確認ください.http://www.iieej.org/ronbun.html

画像電子学会 http://www.iieej.org/

〒116-0002 東京都荒川区荒川三丁目35番4 ライオンズマンション三河島第二 101号室

TEL: 03-5615-2893, FAX: 03-5615-2894, E-mail:hensyu@iieej.org

(2020/11/10掲載)

  • 一般社団法人 画像電子学会

    年次⼤会(12/2-4 オンライン開催)の詳細プログラム及び参加申し込みが公開されました。詳しくはこちら
     
     
     
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2020 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)