single-journal_archive

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

第35巻 第5号(2006年9月)

種類 タイトル 著者 ページ
随想 名前 小町祐史 421
特別講演 次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究 杉山知之,三淵啓自 422
特別講演 映像で見る東京湾 風呂田利夫 428
論文 線画調アスキーアートへの情報埋込手法 木綿麻実路,岩切宗利 435
論文 誤差拡散画像への画質劣化の劣化の少ない情報埋め込み方式 加治佐清光, 443
論文 奥行情報を用いた携帯端末向けリアルタイム人物抽出LSI 有門智弘,平塚誠一郎,後藤敏,池永剛 453
論文 近傍画素混合の提案と条件数に基づく設計 田中正行,奥富正敏, 461
論文 グレイコードに基づく量子化を用いた非可逆画像符号化 杉原佳次, 469
論文 ベクトル量子化における画像信号に一般化調和解析を用いた画像符号化 佐田宏史,宮崎収兄, 478
論文 多視点映像の視差補償予測の検討 妹尾孝憲,青木輝勝,安田浩,小暮拓世 488
論文 動画像に対する適応的フレーム間隔制御とその主観画質の予測 吉田俊之,出蔵正樹 497
論文 視覚特性を考慮したユビキタス画像通信のための画像分割手法 会沢隆広,堀内隆彦 509
論文 変換係数相関を用いた圧縮劣化画像の高速復元手法 木村俊一 518
論文 感性的評価に基づく画像の色演出と評価構造の画面サイズ依存性の検討 小黒久史,郭素梅,清水智広,佐藤美恵,春日正男,阿山みよし 528
論文 誤差拡散画像のテーブル参照型逆ハーフトーン方式における縮退処理の導入による効率的構成 北村誠,小野文孝 538
論文 平坦領域検知と座標情報利用による組織的ディザ画像のテーブル参照型逆ハーフトーン方式 北村誠,小野文孝 546
コーヒーブレイク 雷様を逮捕 青木正喜 554
論文 誤り訂正符号を用いたバイオメトリック個人認証のテンプレート安全性対策 大木哲史,赤塚志郎,小松尚久,笠原正雄 557
論文 非周期的クラスター型カラーハーフトーンスクリーン 浅井浩 566
論文 複数の同一被写体画像を用いた全焦点画像の生成 川本章太,佐藤和弘 576
ショートペーパー 尤度分布の形状を用いた物体追跡の安定化 林豊洋,榎田修一,江島俊朗 582
国際会議 CGIV2006:IS&T’s Third European Conference on Color in Graphics・Imaging and Vision報告 津村徳道 588
報告 Visual Computingワークショップ2005(WS2005)報告 ビジュアルコンピューティング研究委員会 592
報告 Visual Computingワークショップ2005講演要旨 ビジュアルコンピューティング研究委員会 593
技術解説 IrDA次世代高速赤外線通信標準方式【IrSimple】 直江仁志,深江文博,山口久美子,松本充司 598
連載技術解説 ビデオゲーム技術の動向と展望Ⅴ:ゲームにおけるストーリー表現の基礎 星野准一 603
連載技術解説 携帯電話と画像関連技術Ⅲ:3.1 携帯電話におけるデジタル放送受信 野口要治 607
連載技術解説 携帯電話と画像関連技術Ⅲ:3.2 携帯電話用生体認証技術の現状 内田薫 615
連載技術解説 拡張色空間とカラーマネジメント技術Ⅱ 2.画像デバイスと広色域化:2.1入力デバイスと広色域化 小寺宏曄 621
連載技術解説 拡張色空間とカラーマネジメント技術Ⅱ 2.画像デバイスと広色域化:2.2表示デバイス(ディスプレイ)と広色域化 谷添秀樹 629
連載技術解説 拡張色空間とカラーマネジメント技術Ⅱ 2.画像デバイスと広色域化:2.3インクジェットプリンタと広色域化・高画質化技術 荒井佳文,笠原広和 634
連載技術解説 拡張色空間とカラーマネジメント技術Ⅱ 2.画像デバイスと広色域化:2.4印刷の色標準と色広域化 川田育孝 642
グループ紹介 (株)日立製作所 中央研究所 栗原恒弥 647
スキャニング 画譜による画像・映像生成 村山登 649
  • 一般社団法人 画像電子学会

    画像電子学会アーカイブⅡ 頒布のご案内
    詳しくはこちら
     
     
     
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2021 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)