single-events

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

画像電子学会 第48回VMA研究会
(図書館における特別支援の現状と課題および関連動向)開催のご案内

VMA研究会は、主として画像の撮影・合成・加工・処理、それらの応用、およびそれらの実現形態として生じるVisual Applianceについて論じ、その議論の中から今後の画像電子学会で扱うべきトピックスを見出すとともに、さらにその調査・検討に向けた情報交換の場の提供を目的としています。
これまでその時々の話題(デジカメ最新技術、ユニバーサルデザインの動向、VMAの近接領域など)を取り上げ、年2回程度の研究会を実施してきました。第48回VMA研究会では“図書館における特別支援の現状と課題および関連動向”というテーマを設け、先進的な取り組みをしている主として大学の方々を中心に話題を提供していただくことになりました。

  • 日 時:2020年2月29日(土) 10時00分-12時30分
  • 場 所:専修大学・神田キャンパスhttps://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/
                     〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-9  5号館4階542教室
  • 共    催:VHIS研究会
  • 協 賛:画像関連学会連合会(FIS)
  • テーマ:図書館における特別支援の現状と課題および関連動向
  • 参加費:会員およびアソシエイト 1,000円
    非会員 2,000円(当日の受付でアソシエイトになって頂きますと、入会・年会費(1,000円)を含む計2,000円で参加できます。)
    研究会運営のため、講演者も含め参加費をお願いしていますが、研究会委員長の承認を得た場合は無料となります。
10:00-10:05 開会挨拶 VMA研究会委員長(深見拓史)
10:05-10:35 学校図書館における特別支援の現状と課題-神奈川県の公立小学校を対象に 藁谷日奈子(専修大学)・中和正彦(専修大学)・野口武悟(専修大学)・植村八潮(専修大学)
10:35-11:05 地方自治体における「道の駅」の防災拠点化に向けた取組の現状と課題 樋渡菜月(専修大学)・中和正彦(専修大学)・野口武悟(専修大学)・植村八潮(専修大学)
11:05-11:25 (休憩)
11:25-11:55 肢体不自由児教育におけるICT機器利用による図書へのアプローチ-肢体不自由部門を設ける関東の特別支援学校高等部に着目して- 竹本みのり(専修大学)・植村八潮(専修大学)・中和正彦(専修大学)・野口武悟(専修大学)
11:55-12:25 読書バリアフリー法施行に伴うアクセシブルな電子データ提供に関する出版社の意識と課題(Ⅱ):出版社への質問紙調査を通して 小松幸男(専修大学)・植村八潮(専修大学)・野口武悟(専修大学)・樋口清一(日本書籍出版協会)
12:25-12:30 閉会挨拶 VHIS研究会委員長(平山亮)

上記の講師、講演標題は、多少変更される可能性があります。
事前参加申し込みは、下記の参加申込書に必要事項をご記入の上FAXで事務局までお送り頂くか、
画像電子学会のウェブページから行ってください。https://www.iieej.org/attend_registration/
当日も受け付けていますが、事前申し込みの方にはハードコピーの予稿集を用意いたします。

印刷をご希望の方はこちら

(2020/1/24掲載)

  • 一般社団法人 画像電子学会

    年次⼤会は,COVID19(新型コロナウィルス感染)による影響を考え,12 ⽉2 ⽇(⽔)から4 ⽇(⾦)(予定)にオンライン開催することと致します.詳しくはこちら
     
    2020年度会費自動引落しについて  こちら
     
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2020 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)