page

画像電子学会

The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

2020年度 第48回 画像電子学会年次大会 トップページ

(慶應義塾大学 日吉キャンパス)

  1. トップページ
  2. 論文募集・申込
  3. 開催案内・参加申込・プログラム
  4. 活動報告
  5. 会場・交通

(「活動報告」「会場・交通」は現在準備中です。2019年度のものが表示されます。ご了承ください。)

年次⼤会は,オンラインで開催いたします.

=========================================================

一般社団法人 画像電子学会の年次大会ホームページへようこそ.
2020年度 第48回 画像電子学会年次大に関する情報をお知らせしています.

Visual/Media Computing Conference 2020 (2020年度 第48回 画像電子学会年次大会)を下記のとおり開催します.以下の通り論文を募集しますので,奮ってご応募ください.
一般発表論文は従来通り広く,密な議論を行うためのセッションで発表の受付を予定しており,オーガナイズドセッションや企画セッションも計画しております.
またVC2020も同じ日程で開催する予定です.VC2020は世界に誇るクオリティの高いセッション構成を目指し,査読を経て厳選されたオーラル発表を中心とする予定です.
(VCシンポジウムはこちら

お知らせ

1.開催日および場所

開催日 : 2020年12 ⽉2 ⽇(⽔)~ 4 ⽇(⾦)
場所:オンライン開催

2.申込み期限および最終原稿提出期限(予定,変更される場合が御座います.)

○申込み期限(画像電子学会年次大会):
・発表論文要旨投稿 :                2020年9月25日→10月2日(金) に延長
・最終原稿提出期限 :                2020年10月26日(月) 厳守
・発表論文要旨投稿(インターンセッション) :    2020年10月 16日(金)
・最終原稿提出期限(インターンセッション) :    2020年11月16日(月) 厳守

なお,VC2020 に関する日程は(こちら )をご参照ください.

特別講演のお知らせ

【特別講演 ブラックホール画像化-EHT プロジェクトによる史上初の成果-】

 

 

 

 

 

 

 

 

EHT で撮影したM87 中心ブラックホールの画像(クレジット:Event Horizon Telescope Collaboration)

Event Horizon Telescope プロジェクトは、楕円銀河M87 の中心にある巨大ブラックホールの撮影に成功し、2019 年4 月にその成果を発表しました。本講演では、撮影の意義や撮影に至るまでの経緯、撮影成功を達成した後も続くブラックホール研究の最新成果をお話しいたします。さらに2020 年ノーベル物理学賞を受賞した3 氏の研究成果も踏まえながら、今後のブラックホール研究の展望についても触れます。

 

.  講演者:田崎 文得(たざき ふみえ)
.      国立天文台 水沢VLBI観測所 特別客員研究員
.  日時:12月4日(金)13:00~14:00
.  会場:オンライン講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一般社団法人 画像電子学会

    年次⼤会(12/2-4 オンライン開催)の詳細プログラム及び参加申し込みが公開されました。詳しくはこちら
     
     
     
    〒116-0002 東京都荒川区荒川3丁目35番4号
    ライオンズマンション三河島第二 101号 (事務局)TEL:03-5615-2893
    FAX:03-5615-2894
  • 地図・アクセス

  • お問い合わせフォーム









  • Copyright © 2020 IIEEJ (The Institute of Image Electronics Engineers of Japan)